RSS
Admin
Archives

**海ぐりん**

Mシュナの海(かい)です。 僕のふつうな毎日です。 訪問してくれてどうもありがとう☆

プロフィール

海ぐりん

Author:海ぐりん
名前 海(かい)
誕生日 2007.6.20生まれ
性格 天真爛漫なビビリ君

海は、Mシュナ(B&S)の元♂
神戸生まれの岡山育ちです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07
30
Category : kai
Theme : ◆◇ シュナウザー ◇◆
Genre : ペット
7月22日 僕のお友達サンタ君が虹の橋を渡ってしまいました 
14072901.jpg


去年大きな手術を乗り越えて、リハビリも頑張って自分で歩けるようにもなって
亡くなる前夜もパパとお散歩行ったんだよね
病院に行く時は車に乗ったらブルブル震えていたから、もう病院には行きたくなかったんだね・・・
朝6時半、サンタママの腕の中で静かに目を閉じました



僕たちが初めて会ったのは、2008年9月24日
サンタ君9歳 僕が1歳のとき 
14072902.jpg



2012年5月19日 一緒にお誕生日会にも参加したよね 
14072903.jpg



そして僕たちが最後に会ったのは去年の10月20日 
14072904.jpg

14072905.jpg 

14072906.jpg
サンタ君はいつも穏やかで優しかったね



先週26日は、元気になったサンタ君に会いに行くって決めてたのに・・・
22日、14歳10カ月の犬生を終え、天使になってしまいました 
14072911.jpg


僕は、サンタ君がいなかたら、こうやってお母さん子どもにもなっていなかったと思うんだ~
サンタママの子どもでいてくれて、本当にありがとう!!



サンタ君が昇って行くお空を見上げたら、流れてくる雲が全部サンタ君に見えてお母さんがぼろぼろ泣いてたよ 
14072907.jpg 

 14072908.jpg 



僕もサンタ君に大きな声で ありがとうって言ったよ! 聞こえた? 
14072909.jpg


サンタ君と僕は、いつかまたきっと会えるよね・・・サンタ君のこと絶対に忘れないからね!  
   



7月26日の関西行きは、いつものように帰りはサンタ君に会う行程でした
残念ながら元気になったサンタ君には会えませんでしたが、莉来くんが待っててくれました 
14072912.jpg

元気な莉来くんの笑顔に癒されて、サンタママが哀しみを笑顔で乗りきれますように
サンタ君お空から見ててよ! 



最後まで読んでくれて どうもありがとう!
スポンサーサイト
2014.07
14
毎年6月初旬、ご近所さんから頂く梅
今年はじいちゃんも同行して、 豊作なのかドッカーーーンと50㎏オーバー!!
14071110.jpg 
海んちにはどーにもこーにも手に負えない量なので欲しい人に5分の4貰って頂きました



仕込みに3日もかかっちゃいましたわ
14071103.jpg 

14071104.jpg



わたくし、ひたすら竹串でココを取り続けたんです
14071105.jpg



キレイに洗って乾かして、梅 角砂糖 酢 を入れてやっと梅シロップの仕込みが出来ました
14071106.jpg 


10kg 6瓶完成!
14071108.jpg 


14071107.jpg 


14071109.jpg 

毎日コロコロ転がして1ヶ月経過 そろそろ皆様に飲んで頂けるかしら~♪



** おまけ **

僕のおもちゃが洗濯されました
14071101.jpg



もの凄く年季の入っているものもあるけれど、思い出があり過ぎたり、お気に入りに復活したりして
筋金入りの捨てられない族のお母さんは、なかなか捨てられないんだって~
14071102.jpg
でも、やっぱり捨てないとダメだよね?
みんなのおうちは、おもちゃはどうしていますか?


最後まで読んでくれて どうもありがとう~☆
2014.07
06
先週6月29日(日)急に思い立って県北にある井倉洞に、じいちゃんとお母さんと行って来ました 
14070501.jpg



洞窟はお母さんが好きそうだし、第一目的は地元の千屋牛(ちやぎゅう)をたらふく食べることでした・・・ 
14070502.jpg 

 
14070503.jpg


井倉洞(いくらどう)は、全長1200m・高低差90m
ワンコ入洞OKですが、ほとんどが階段と狭い通路なのでカートは無理と思われます 
冷たくても汚れても良ければ歩けますが、足元は冷たい地下水でびちゃびちゃです

2匹超小型犬がスリングに入って出てくるのを見ました
僕はカートを持ってないけど、せめてスリングがあればと悔やまれました
僕はず~っとお母さんの抱っこでした~ 



洞内ではまったく見る余裕がなく、カバンの中でシワシワになっていたパンフレット 
14070504.jpg 
小学生以来〇十年ぶりにやって来た井倉洞を、お母さんはなめていました



8kg近い僕を抱っこで階段を昇降、頭をゴツンしないように中腰になったり
滑らないように慎重に歩いたり、座って休憩したいけど洞内はすべてが濡れているし・・・
途中に3箇所ベンチがあったので、僕を降ろして休憩しながら進んで行きました



では、僕の案内で地球の中へ出発します!
洞内の平均気温は15~16℃で、すごく涼しい風が入口から吹いて来ています♪ 
14070505.jpg
この時点では外気のムシッとした暑さから逃れ、早く入って行きたい気持ちでした 



14070506.jpg



こんな階段を上り続けます・・・ 
14070507.jpg



こうもり岩
14070508.jpg  



くらげ岩
14070509.jpg 



金すだれ  銀すだれ           登亀 
14070510.jpg



出発してから10分、ここは確か15℃のはず・・・入口から吹いていたあの涼しい風はいったいどこへ・・・
お母さんの額にはすでに日頃の運動不足がたたり、じっとりとした汗が滲んでいました

ここで探検を断念する人のために出口への近道があります
 14070511.jpg



出口にたどり着けなかった人は、どうやって救出されるのだろうか?とか妄想しながらも
こんな看板もあったし、じいちゃんも頑張ると言うので前に進みます
 14070512.jpg



階段と通路は次々と続きます
14070513.jpg  



瀬戸の海 
14070514.jpg


を覗く瀬戸内の王子、海  でへっ! 
14070515.jpg



まだまだ先は見えないよ・・・
竹林
14070516.jpg 



14070517.jpg



通路の真ん中にも、1cm成長するのに120~130年かかるという、
こんなとうせんぼもあるよ               白銀の扉 
14070518.jpg



出口まであと40m!にテンション上がった看板 
14070519.jpg
近づいたらあと400mでした・・・ひぃぃぃーーー! 



14070520.jpg 



見返りの池
 14070521.jpg 


どっひゃ~~! まだまだ階段があります
14070522.jpg 



いったい何人の探検者に追い抜かされたでしょうか・・・? 
お母さんはヨタヨタしてました
14070523.jpg 



14070524.jpg



やっと出口の気配がして、じいちゃんの足取りも軽くなってきました 
14070525.jpg

出たーーーーー!! 出口到着です



僕が見ていた川の向こうにあった滝の横が出口です 
14070526.jpg 



14070527.jpg 
『お母さん、また行く?』   『海くん抜きならね!』
『じいちゃん、また行く?』   『もうこらえてくれぇ~!』 でした

『みんなはどう?行きたくなった?』
 


地球が何億年もかかって造り上げている大自然の壮大な造形美
想像も出来ないような時間が流れている不思議な鍾乳洞・・・今度は手ぶらで探検したい海くんママでした


 
14070528.jpg 





最後まで読んでくれて どうもありがとう~!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。